« 被災された皆様 | トップページ | 風邪には・・・ »

ストライキ

長年酷使し続けてきたPCがなかなか言うことをきいてくれません。
ホームページの更新や、英語の新年度の準備と急ぎの用事がある
ときに限って、ストライキを起こされて・・・なだめていたら
夜が明けてしまった。

現在4時過ぎですが、ランドスケープがくっきり。
夜明けも早くなったのね。

桜前線はどんどん北上しておりますが、震災から一ヶ月経った今、
原発の事故もありまだまだ収束のめどが立たなくて、花見の気分
ではないですね。

今日の新聞に「安全神話」という神話というタイトルの
興味深い記事がありました。
ー安全という言葉は肯定的な響きがあり、危うさをまひさせる魔力も秘める。
安全ピン、安全運転、安全地帯、安全カミソリ・・・どこか胡散臭い
安全ピンはやっぱりピンなのだ。安全に絶対はありえない。
3月11日が示す教訓と重なる。

瀬戸内寂聴さんの記事
福島の原発付近の住民に対して、避難先で差別を受けないようにしてほしい。
とりわけ子どもたちの間でいじめが起きないように配慮すべきだ。
原発事故の避難者は、消費社会のもと、大量の電力をほしいまま
にしていた私たちの身代わりになって、不幸を引き受けてくれた人々。
仏教用語でいえば「代受苦」の立場にある。他人の苦しみを
背負うことは、非常に尊いこと。感謝こそすれ、差別してはならない
と、親や教師はしっかり教えてほしい。
今回の事故で、こんな問題も起こっているのですね。
子供が差別されるようなことがあっては、絶対いけないと思います。

「何かしたいが、自分には力がない。」という方へ
まず、その思いが大切。心配し、何が出来るかを考えるだけでも
違ってくる。他人のために祈ることが、人は謙虚になり、優しさへとつながる。
自分以外の人への祈りは、いつか報われる。毎日被災者のためにお祈りをしましょう。

Img_0545

|

« 被災された皆様 | トップページ | 風邪には・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198269/39666647

この記事へのトラックバック一覧です: ストライキ:

« 被災された皆様 | トップページ | 風邪には・・・ »