« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

サクサク生活

長年愛用したDELLのPCとお別れし、
頭が良くて、誠実で、頼りがいがあって、仕事が早い
Windows7くんと共同生活を始めました。

言うことは聞いてくれるし、かんしゃくを起こさないし
しばらくは、最高のパートナーになってくれると思います。

明日は4月31日だと思ったら、そんな日はどこにもないってことに
今気がつきました。明日は、さつきなんですね。
毎年5月がくる度に、小学校のときに仲良くしていた
「さつきちゃん」を思い出します。

先週は、会社でTVの取材がどっと押し寄せて、走り回って
いましたが、美味しい仕事もいっぱいで、体重はプラマイゼロ。
デルモのお仕事もいただきましたが、プレイボーイの表紙は飾れませんでした(笑)

4年間中国にいた日本人と、日本に来て4年という中国人と
一緒にお仕事をさせていただいておりまして、中国ネタで盛り上がっております。
数年前に起きた、四川地震のとき、日本の救助隊が犠牲者に
黙祷を捧げるシーンが中国人の心の琴線に触れたようで、
黙祷ブームが起きたそうです。

「愛に国境はない」
「日本人は嫌いだけど、日本人の職業精神と、職業道徳に感服した」
日本のイメージが変わったという人が多くいたそうです。

The secret of happiness is not in doing what one likes, but in liking what one does.

James Matthew Barrie

幸せの秘訣はやりたいことをするのではなく、やらなければならないことを好きになることだ。

ジョン・ラスキン


| | コメント (0)

風邪には・・・

阿寒湖の気まぐれ天気で、一瞬だけ風邪を引いてしまいました。
昨日は、強烈に痛かったのどですが、一晩寝たら治っていたので、

脅威の回復力に自分でも驚いております。

キムチ鍋と、ホット梅酒と、ビタミン食品を食べたおかげかな。

今日来た、英語の生徒さんのほとんどが風邪を引いて
みんな ゴホゴボ ジュルジュル ティッシュの大量消費。

みんなのために、アップルティーを作ってあげました。
紅茶の中に、スライスしたりんごを入れて、しばらーくすると
まろやかでフルーティーな紅茶が出来上がります。

はじめて作ってみましたが、本物のりんごを入れた紅茶は
子供たちに大好評!みんなの笑顔を見るとうれしくなっちゃいますね。



今日の名言です。

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい。

マハトマ・ガンジー(インド独立運動の指導者 1869-1948)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストライキ

長年酷使し続けてきたPCがなかなか言うことをきいてくれません。
ホームページの更新や、英語の新年度の準備と急ぎの用事がある
ときに限って、ストライキを起こされて・・・なだめていたら
夜が明けてしまった。

現在4時過ぎですが、ランドスケープがくっきり。
夜明けも早くなったのね。

桜前線はどんどん北上しておりますが、震災から一ヶ月経った今、
原発の事故もありまだまだ収束のめどが立たなくて、花見の気分
ではないですね。

今日の新聞に「安全神話」という神話というタイトルの
興味深い記事がありました。
ー安全という言葉は肯定的な響きがあり、危うさをまひさせる魔力も秘める。
安全ピン、安全運転、安全地帯、安全カミソリ・・・どこか胡散臭い
安全ピンはやっぱりピンなのだ。安全に絶対はありえない。
3月11日が示す教訓と重なる。

瀬戸内寂聴さんの記事
福島の原発付近の住民に対して、避難先で差別を受けないようにしてほしい。
とりわけ子どもたちの間でいじめが起きないように配慮すべきだ。
原発事故の避難者は、消費社会のもと、大量の電力をほしいまま
にしていた私たちの身代わりになって、不幸を引き受けてくれた人々。
仏教用語でいえば「代受苦」の立場にある。他人の苦しみを
背負うことは、非常に尊いこと。感謝こそすれ、差別してはならない
と、親や教師はしっかり教えてほしい。
今回の事故で、こんな問題も起こっているのですね。
子供が差別されるようなことがあっては、絶対いけないと思います。

「何かしたいが、自分には力がない。」という方へ
まず、その思いが大切。心配し、何が出来るかを考えるだけでも
違ってくる。他人のために祈ることが、人は謙虚になり、優しさへとつながる。
自分以外の人への祈りは、いつか報われる。毎日被災者のためにお祈りをしましょう。

Img_0545

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »